レクサスの評価や売上って上がったよな

レクサスってデビューした頃は、全然売れませんでした。確かに、車種が少なかったこともありますが、ブランドイメージが、全然確立できていませんでした。

メルセデスベンツやBMWより格下のブランドと思われていました。それが、レクサスやソアラを廃止して、レクサスブランドに統合したり、LFAを作ってみたり、NXの販売等、ブランドイメージの確立だけでなく、販売増にも成功しました。

レクサスといえば、誰もが高級車と思うようになりました。また、それは、日本だけでなく、アメリカや欧州でも同様です。特に、アメリカでは、メルセデスベンツやBMWを上回る評価を得ています。スペック的には、それほどでもないのですが、故障率の少なさやアフターサービス、静粛性等が、高い評価に繋がっているのだと思います。本当にエンジン音が全然ルーム内に聞こえてこないそうです。

アメリカでの好調な売上を背景に現地での生産も開始しました。売れまくっているため、日米貿易摩擦を回避する上でも重要ですが、レクサスだけは国内生産を続けると言っていただけに少し残念でもあります。

トヨタ自体が、日本のトヨタではなく、世界のトヨタなのですが、レクサスももっともっとブランドを高め、ロールスロイスやベントレークラスの高級車も発売して欲しいと思います。

レクサスに乗り換えで車を売るなら帯広市車買取で今の車を査定してから!

ホンダシャトルハイブリッドに試乗しました

今乗っている車の12ヶ月点検のついでに、気になっていたホンダのシャトルハイブリッドに試乗することができたので感想を書いてみます。

 

シャトルハイブリッドの事は以前から気になっていたから事前に結構下調べをしていたので、気になっていたポイントが何カ所かあります。

 

まず、振幅感応型ダンパーです。細かいショックを柔らかく吸収しつつ、高速でコーナーを曲がるような大きな入力の時には減衰力を高めて車体を安定させるサスペンションです。実際に乗ってみたら、路面の小さいゴツゴツはそれなりに拾うけど、それほど不快になるようなゴツゴツ感はなかったですね。そして山道で少し速度を上げてコーナーを曲がるときの安定感は高かったです。これは良い足回りをしてますね。

 

下調べ段階で不安だったのはフラットなタッチスイッチ式のエアコンと小物入れが足りないということでした。エアコンを走行中に設定するのは命取りになりそうですね。触っただけだとどこを触っているのかわからないから目線がいってしまうから事故の元です。小物入れはコンソールにはたくさん入りそうだけど、手元に物を置けないのが不便そうでした。

 

荷物スペースは評判通り、広いです。リアシートを倒せば車中泊も出来そうです。

 

燃費は市場でだいたい半日乗りまくって、インフォメーションディスプレイの表示はリッター20キロちょっとでした。試乗車だから過去の蓄積でこの数字なんでしょうけど、まあまあ悪くはないんじゃないですかね。

 

半日、思い切り乗ってますます欲しくなってしまいました。来年で今の車は車検だし、買い換えを本気で検討しようかなと思いました。

 

早速これから今の車を那覇市車買取.netで買い取り査定をしてみようと思います。