レクサスの評価や売上って上がったよな

レクサスってデビューした頃は、全然売れませんでした。確かに、車種が少なかったこともありますが、ブランドイメージが、全然確立できていませんでした。

メルセデスベンツやBMWより格下のブランドと思われていました。それが、レクサスやソアラを廃止して、レクサスブランドに統合したり、LFAを作ってみたり、NXの販売等、ブランドイメージの確立だけでなく、販売増にも成功しました。

レクサスといえば、誰もが高級車と思うようになりました。また、それは、日本だけでなく、アメリカや欧州でも同様です。特に、アメリカでは、メルセデスベンツやBMWを上回る評価を得ています。スペック的には、それほどでもないのですが、故障率の少なさやアフターサービス、静粛性等が、高い評価に繋がっているのだと思います。本当にエンジン音が全然ルーム内に聞こえてこないそうです。

アメリカでの好調な売上を背景に現地での生産も開始しました。売れまくっているため、日米貿易摩擦を回避する上でも重要ですが、レクサスだけは国内生産を続けると言っていただけに少し残念でもあります。

トヨタ自体が、日本のトヨタではなく、世界のトヨタなのですが、レクサスももっともっとブランドを高め、ロールスロイスやベントレークラスの高級車も発売して欲しいと思います。

レクサスに乗り換えで車を売るなら帯広市車買取で今の車を査定してから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です